番犬はもう居ない・・・

 

最近、朝散歩するようになり感じたこと。

「番犬」が居ない!

いつもは夫と愛犬マサルと田んぼ道を歩くのですが、

今日は足を延ばして住宅街を歩いてみました。

驚くほどに・・・

昔はよく居た

「番犬」が居ない!

ということに気づいたのです。

 

私が小学生の頃、

ご近所さんに回覧板を置きに行くのにも、

お友達にお家に行くのにも、

必ず玄関先や軒先に居た

「番犬」が居ない!

のです。

でもね、朝のお散歩しているワンちゃんはたくさん見かけるので。。。

でいうことは、

みんなお家の中で飼っているということになりますよね。

時代が変わりました。

 

🐶本来の役目は「番犬」

人が来たら吠えて教える。

不審な人が来たら威嚇する。

吠えない犬は役立たず! とも言われ。

そして外に居るのがあたりまえ。

犬小屋があり、そこが寝床。

そしていつもつながれている。

昭和はそんな時代だったのではないかな~

 

そして平成・・・

お家の中で犬を飼う。

家族の一員となる。

令和は・・・・・

家族の中でも

飼い主さんにとってはかけがえのない

「人生の伴侶」

となった。

時代が変わりながら

犬達の役目も変わつてきましたね・・・

 

だからこそ、

愛犬SASURU をご提供したいのです。

続く・・・

 

関連記事

  1. 最期の時、天を仰ぐ前にしたことは・・・

  2. こんなに小さな時から・・・

  3. 娘たちもSASURUで大きくなりました

  4. 以前からの夢だったので一歩踏み出した気持ちです!

  5. 残りご飯に味噌汁だった

  6. 帰らぬ家族を待つ愛犬に涙・・・

Translate »