愛犬と暮らすこと。そして愛犬にできること。

 

12月26日のインターネットニュース 12月26日Gigazine

に、

「幼少期に犬を飼っていた人は統合失調症のリスクが最大55%も少なかったという調査結果」

が記事として掲載されていました。ご興味ある方はリンク先からお読みくださいね。

それも幼少期の早い時期・生まれた時から犬が居る環境であればなおさら!ということ。

犬とのスキンシップは人間にとってカラダに与える影響もとてもいいのですね。

私もマサルにSASURUしているとき、

とてもとても心の奥からウワァって浮き上がる喜びがあります。

 

カラダがふわっ~てします。

そんな愛犬たちに

今度は私達飼い主から愛犬のカラダにいいことしてあげていきたいですね。

SASURUがお役にたてますように・・・

 

 

 

関連記事

  1. 愛犬が飼い主から愛されていると感じる5つ

  2. いつもの撫でると違うタッチだなあ~

  3. えっ?129歳!

  4. 不安で不便なんです~・・・ならば!

  5. ペットがくれた幸せを語る会

  6. あなたの不安は愛犬に伝わります

Translate »