愛犬と暮らすこと。そして愛犬にできること。

 

12月26日のインターネットニュース 12月26日Gigazine

に、

「幼少期に犬を飼っていた人は統合失調症のリスクが最大55%も少なかったという調査結果」

が記事として掲載されていました。ご興味ある方はリンク先からお読みくださいね。

それも幼少期の早い時期・生まれた時から犬が居る環境であればなおさら!ということ。

犬とのスキンシップは人間にとってカラダに与える影響もとてもいいのですね。

私もマサルにSASURUしているとき、

とてもとても心の奥からウワァって浮き上がる喜びがあります。

 

カラダがふわっ~てします。

そんな愛犬たちに

今度は私達飼い主から愛犬のカラダにいいことしてあげていきたいですね。

SASURUがお役にたてますように・・・

 

 

 

関連記事

  1. 散歩のあと犬は自分でSASURUしています

  2. 天皇皇后両陛下も願われていること

  3. 群れで生活してきた動物だからこそ・・・

  4. 犬をマッサージしているときに出る幸せホルモン

  5. みんながみんな同じ反応をしなくて当たり前です

  6. 家族団らんをもう一度

Translate »