何より本気で犬達と飼い主のことを考えたSASURUだと思う(受講生の声①)

3月5日。

インストラクター講座をしました。

受講生は 静岡県三島市の圓谷竜也さん。

アニマルセラピスト&犬の牧場&老犬ホーム富士の里 所長さんです。

 

愛犬さんは ナル君♂(ゴールデンレトリバー×バーニーズのMIX犬2歳)(写真右)

あさひ君♂(スタンダードプードル2歳)(写真左)です。

今までも犬のお仕事をされてきていますが、SASURUを学んでさらにわんちゃんが元気に幸せになるように。またわんちゃんが好きな人がわんちゃんともっと楽しく過ごすお手伝いがしたい!という気持ちでのご受講です。

 

それでは受講後のインタビューをしてみましょう。

インタビューアーは 今回一緒にSASURUインストラクター講座をアシスタントしたマサルにお願いしますね^^

 

masaru
masaru
インストラクター講座を受講しようと思った動機を教えてください。
松永インストラクターの勧めから説明会へ参加し「自分が犬達にしてあげられることがある!」と思いました。何より本気で犬達と飼い主のことを考えたSASURUに感銘を受けました。
SASURU理論・技術について学んでの気づき・感想を教えてください。
脳に働きかけて、体に無理な負担をかけないように行うSASURUは犬達、そして、飼い主さんもとても安心するものだと感じました。
SASURUを通して愛犬とこれからどんな生活をイメージしていますか?
SASURUを続けて愛犬たちにも健康で楽しく明るく過ごしてもらいたいです。また自分の周りの愛犬家の皆様にも知ってもらいたいです。

インタビュー後編は明日・・・

昨日のインストラクター講座の様子です。

さあ、実技を試験しています。ただ撫でているだけに見えますか?

 

圓谷さんの上半身の動きをご覧ください。

ただ撫でているだけではこの動きにはなりません。

身体の余分な力を調節して、手のある部分を使って。

マサルのカラダのラインに沿ってSASURUしています。

 

 

 

 

関連記事

  1. 元気なカラダはシーソーゲーム

  2. 一人ぼっちで泣かないで!一人ぼっちで苦しまないで!

  3. ネコちゃんのよかったお話です^^

  4. The gentle massage you and you…

  5. 寒いもんね!クリスマスだもんね!

  6. 一万匹を救ったお話。

Translate »