お母さんに抱っこされているときの温かさを。

昨日の「いつでも世界の犬に会えるのだから。それでいいの?」の続きです。

時代が変わり

その場所に行かなくても そのものを知ること・感じることができる。

本当に進歩とはすごいものです。

私もこの夏、VRのゲームにハマり

リアル感を味わいながらダンスゲームをしました。

こちらがハマったBeat Saberというゲーム。

VRゴーグルをつけて画面の世界に完全に入り込み

目の前から押し寄せてくる赤と青のキューブを矢印の方向に

手に持っている刀で切っていくんですね。

それもハイビートな音楽に合わせて。

とても楽しいのです。

その世界に入り込めるのです。

そしてVRゴーグルを脱いだ時に現実の部屋に戻るのですね。

その時感じたことが

あ~もう自分が動かなくても

欲しているもの・コトを手に取ることができるんだな~と。

 

愛犬の分野で言うと、すでに ロボット犬も出ているわけですし。

本当にすごいですね。進歩とは・・・

しかし、私が想うに、

現時点ですが・・・

体温を感じるということにおいては

その場所・そのもの・その生き物を

実際に触れなければ感じられませんよね。

この先、きっとそこまで感じることができるものが登場するのでしょうね・・・

 

さて、みなさんは子供の時にけがをしたり、

お腹が痛くなったて寝込んだり。

いちばん先に誰に助けを求めましたか?

 

お母さん!という人が多いと思います。

お母さんの所へ行くと、お母さんはきっと

「痛いの痛いの、とんでけ~」ってさすってくれたのではないでしょうか?

 

あのお母さんの手の温もり。

その体温で安心したのではないでしょうか?

 

私達がお伝えしている「SASURU」

痛いの痛いのとんでけ~のお母さんのぬくもりと優しさをイメージしてもらいたいのです。

そして子供の頃、お母さんにだっこされて、お母さんの両手の中でスヤスヤと眠っていた

あの感覚。(もう忘れちゃったよ~という人がほとんどでしょう。私も(笑))

しかし、そのイメージでぜひ愛犬さんをSASURUしてもらいたいのです。

触れるということ = 手の温かさ = ぬくもり

ここでしか伝わらないものを SASURU ではお伝えしています。

 

そしてそのぬくもりが健康維持・病気予防・介護支援・最期の看取りになっていくことを

どうぞ講座で確認してみてください。

 

セラピスト講座

インストラクター講座

お申込みは  こちら  からです。

 

 

 

 

関連記事

  1. どんなきれいな言葉をならべるよりも・・・

  2. そこまで望んでいるのかな?

  3. 今以上に素直に大好きなわんちゃんに向き合っていきたい    …

  4. 富士子ちゃんは新幹線?!

  5. 綴りとか母音が合うように^^

  6. 短いけど魅了する存在

Translate »