散歩を義務としなくなった途端!

マサルと主人の散歩に同行するようになり早2か月です。

この二人は毎日超早起きです。

起きた時間が起床時間なので何時に起きるという決まりはありません。

決まりのない起床時間が 概ね5時前後です(笑)

最初は眠くてたまらない私が居ました。

前の夜、遅く寝るとやはりキツイ。

しかし、ここ最近は二人が起きるだろう時間にパッと目が覚めます。

そしてもう少し寝たいな~という気持ちが全くなくなっています。

不思議です。

これが冬になるとどうかな~~という感じですが(笑)

私の気もちの中で

「マサルと歩きたい」と想うのです。

リードを引くのは主人ですが、

マサルの傍らを歩いていたり、時々背中に触れたり。

 

「空がオレンジね~。 藁の匂いがするね~  風が冷たくなったね~」

って時々話しかけたり。

マサルは返事をしませんが、

その何気ない 自分の言葉の発信(出力)がシンプルでいいのです。

欲の無い言葉だと思います。

ただ今を感じる言葉なんですね。

毎朝見る綺麗な朝焼けが余計にキレイに観えるのです。

なぜだかわかりません。

私一人の散歩・または主人と二人だけではきっとこんな気持ちになれないと思います。

 

マサルの「ハッハッ」という息遣い。

これがハーモニー♬のように「生きてる」感を醸し出す。

そしてマサルになった気分でマサル語を話す私が、

たぶん素の幸せを出力しているという感じなのです。

 

マサルと歩き始めてから私の体調はすこぶる良いです。

もともと元気ですが、さらに身体が軽いのです。

 

よく運動不足だから犬を飼って歩こう!という方はたくさん居ますね。

しかし、歩くことがいいというより、愛犬と歩くからいいのだとわかりました。

そんなの当たり前じゃん!という声が聴こえてきそうですが・・(笑)

愛犬と生活を共にする。

これが人の健康にとても良い事。

亡き🌈ラブちゃんとモモちゃんとも長い間生活してきましたが、

心に余裕がなかった私は、散歩を義務としていたのかもしれません。

今は心から噛み締めることができています。

 

腑に落ちる書籍がありましたので明日紹介していきますね。

 

あなたは愛犬と散歩しているとき、

どんな感覚になりますか?!

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 点は○だった・・・

  2. The gentle massage you and you…

  3. 36年前の出来事~愛犬はモノではない~

  4. 傍らにいるだけで・・・

  5. 家族がもう一人一緒にお散歩で健康チェック!

  6. 以前からの夢だったので一歩踏み出した気持ちです!

Translate »