最期の時、やってあげられることがあり。

ちょうど一年前の今日の朝のこと。

私のLINEに一件のメッセージが入りました。

 

「今朝、〇ッキーが息を引き取りました。

最期の時、やってあげられることがあって良かったです。

ありがとうございました。〇ッキーは本当にいい子でした・・・」

亡くなる一週間前に私も〇ッキー君に面会していたので、その時のきれいな瞳が目に浮かび

胸がキューってなったこと想いだします。

 

 

9月20日。

今朝、あれから一年かぁと、〇ッキー君のお顔を想いだしました。

※ブログトップの写真は〇ッキー君ではありません。私の心の中に居る〇ッキー君です🐾

ちょうど一年前の今日、

〇ッキー君が🌈の橋に旅立ちました。

〇ッキー君のお母さんが一年前の9月にSASURU「1DAY体験説明会」

参加されました。

この時、〇ッキー君がもう寝たきりになっていて。

お母さんが 「 〇ッキーに何かしてあげられることがあれば・・・」ということでのご参加でした。

その時に一部体験でSASURUをしたことが、

その後〇ッキー君の最期にお役に立てたのです。

〇ッキー君が🌈の橋に行ってしまったのはとても寂しくお辛いコトだったのですが、

飼い主さんからのこうしたご報告にSASURUがお役に立てて私も嬉しかったです。

 

2020年10月からもオンラインにて

「1DAY体験説明会」を開催しますので

高齢犬の介護をされている方や寝たきりの愛犬さんが居る方、

ご興味のある方はぜひご参加してくださいね。

 

〇ッキー君、

🌈の橋で笑っているかな?🐾

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 愛犬が飼い主から愛されていると感じる5つ

  2. 天皇皇后両陛下も願われていること

  3. 一人で苦しまないで・・・

  4. カモは薬を飲むか?!

  5. 愛犬と一緒に家族も健康で長生きしたいから。

  6. えっ?129歳!

Translate »