最後に感じ取ることができるのは体温

 

あれは私が付き添いの順番を任された午後3時頃からでした。

近しい家族は帰り、父も少し疲れたようでした。

私も簡易ソファーに横になっていた時。

父の呼吸がなんだか荒い。おかしい~~

直ぐに看護婦さんを呼びました。

どんどん息が苦しそうになります。

開いていた目が閉じました。

心電図の波が低くなっていきます。

「 呼びかけてあげてください。耳は聴こえていると思います 」

何度も何度も耳元で

「お父さん~~ じいじ~ありがとう 」

何度も何度も。
最初は反応があったのですが、

 

そのうち・・・・

私は呼びかけながら父の身体全体をさすっていました。

自分がやってきた整体の一部、

そう! SASURU です。

息を引き取る時に

どうか楽に・・・・身体の負担を減らして

安らかに・・・

その想いでただただ優しく全身をさすりました。

父と私の最後の愛情交換は、

目を合わすことでもなく

何かを語りかけるのでもなく

自分の手の体温と父の身体の体温との対話でした。

それだけで十分な幸せな時間でした。

「ぬくもり」

人は産まれてきたとき
お母さんに抱っこされてぬくもりをかんじますよね。

この世を去る時も
きっと・・・
抱っこはできないけど「体温の交換」はできるはずです。

 

3年前、私は父の最期を看取る経験をしました。

その時SASURUが私と父の最後の愛情交換だったのです。

 

9月7日1DAY体験説明会をしました。

以下はご参加者の感想です。

============================

今日はありがとうございました。
とってもよかったです。

さすることで緊張が取れ副交感神経が優位になり、
本来の自己免疫力や治癒力が高まるのですね。

〇〇〇のような子も最期まで苦しまないでが望みなので、
何かしてあげられることがあってよかったです。

これは、がんの患者さんにも使えますね。

============================

SASURUはあなたの愛するご家族(もちろん愛犬)すべての方にでき、

そのご家族がどんな状態にある時もできる方法です。

関連記事

  1. インストラクターさんの愛犬は19歳の健康長寿犬!

  2. マサルのきもちってこれでいいのかな?

  3. 犬は疑わない

  4. 突如リビングにありえない光景が!!

  5. 安心するから

  6. スタート続きですが(笑)

Translate »