飼い主さん(家族)が心身共に元気であること

 

私たち家族も犬を飼い始めてもうかれこれ18年です。

娘たちがまだ小さい時。

ミニチュアダックスのモモが、

娘たちが泣いているとそっと膝に入ったり傍らにすり寄ってきました。

風邪をひいてお布団の中に居るときも枕元に寝て見守っているようでした。

もちろん娘たちが大きくなってもこうしていつも一緒にいろんなこと感じていましたね。

 

 

さて、麻布大学獣医学部 菊水教授の研究チームが以下の研究をして

イヌは人に共感でき、それは他の動物よりも深いということを発表しています。

ぜひこの記事を読んでみてください。

「イヌは人に共感できる」

~AERA dot 12月7日記事より ~

 

飼い主さんが緊張して心臓がドキドキと心拍数が速くなると

イヌも同じように速くなる。

 

それは交感神経が優位にたつことになります。

ここからはSASURUの理論にもなりますので、また講座で詳しくお伝えしますね。

したがって

飼い主さんが元気で穏やかで毎日楽しいこと。

そうすればきっと愛犬も元気で楽しいと思います。

 

愛犬の体調や健康管理だけに囚われることなく、

あなた自身が毎日心身ともに元気であること。

それが 愛犬の健康につながる のです。

SASURU講座では飼い主さんの健康についてもお伝えしたり

ストレッチの紹介をしていきます。

楽しみにしていてくださいね~

 

 

 

関連記事

  1. 今以上に素直に大好きなわんちゃんに向き合っていきたい    …

  2. 娘たちもSASURUで大きくなりました

  3. ネコちゃんのよかったお話です^^

  4. あなたの健康こそ愛犬の幸せ♡

  5. 雷とわんこ達

  6. あぜ道は、もうない

Translate »