残りご飯に味噌汁だった

 

私が高校生の時に飼っていた愛犬「モックン」

昭和ですね~ 外の犬小屋でたくまし!という感じです(笑)

 

36年前になりますが、モックンは何を食べていたかと言いますと味噌汁。

 

家族の食卓は朝も夕飯も「ご飯に味噌汁」の時代。

 

必ずすこ~しだけ余る。

そうなると冷ご飯に味噌汁をかけてモックンにあげるのです。

トン汁が余った日はとても嬉しそうにぺちゃぺちゃ食べていました。

お肉が入っているから美味しかったことでしょう^^

豆ごはんの日もあったりして・・・

 

 

 

今はドッグフード。

 

栄養満点のものもたくさんあります。

 

でもね、

普通の家族の残り物でも元気でしたから。

 

そう思うと

普通 ・ 手を掛けすぎない ということも

健康への近道かもしれません。

もちろん犬も人間も。。。。

 

 

関連記事

  1. 思わぬところに

  2. 整体のプロという前に私達も飼い主です!

  3. 愛犬への施術は人間より簡単です

  4. 愛犬に「手をかける」と「目をかける」の違い

  5. 「ただただ自然に・・・120歳まで生きてきたよ~」

  6. 30品目食べているのに、どうして??

Translate »