愛犬と今を生きるお散歩

みなさん、今晩は☽

10月になりましたが、まだまだ日中は夏日の静岡でした。

会う人会う人

「暑いね~いつまでも夏だね~」という声が飛びかっていました。

 

さて、

私は1ヶ月半ほど前から 愛犬マサルの散歩に同行するようになりました。

マサルのお散歩時間は早朝だったので

今まで起きることができなくて遠慮していました。

なので毎日5時頃、主人がマサルと散歩をしていました。

 

今年7月、マサルの15歳の誕生日を機に主人が

「マサルももう15歳だし、一緒に歩いておいたほうがいいぞ!」と言ったことと、

また早起きにの習慣に変えたかったのもあり同行を始めました。

私の役割は毎回マサルの動画を撮ること。

 

朝焼けを観て撮影すること。

上記は毎日ほぼ同じ場所で写した空です。

 

もちろん朝の匂いも違います。

田んぼ道なので

日を重ねて行きながらいろんな景色を楽しめます。

そして何といってもただ前を見てハアハア言いながら

カラダをゆすり

速い足取りで歩くマサルを後ろから見ル幸せ。

 

「今を生きている」感をヒシヒシと感じるのです。

 

昨日のことを反省したり

散歩から帰ってから、

ちゃんとオヤツもらえるかな~とか、心配していないですよね。

お散歩では自分の縄張りを確認する作業も楽しそう🐶

クンクンしながら時には立ち止まり。

毎日同じ道ですが

その道の中に新しい発見をしています。

少しお散歩の時間がズレると

遭うワンコやウオーキングのおじさんたちの顔ぶれも変わります。

 

そうしていると、

いつもと同じ道なのに違う道になるわけで。

 

犬って素敵ですね🐶 えらいです😢

 

人間は自分のエゴで

変わったところへ行くと楽しい!とか

遠くへ行けばいつもと違った気持ちになれる!とか

大袈裟なイベントをしなければ幸せを感じない・・・

 

以前の私がそうでした。

しかし、一か月半マサルと散歩してみて、

毎日がイベントなのだと気が付きました。

 

空の色は一つとして同じ日はありません。

朝焼けのオレンジも毎日違います

ピンクの日もあります。

なぜ、犬はお散歩が大好きなのか!は、

またこのブログで題材にしていきたいと思います。

 

10月、

木々も紅葉していきます。

みなさんは愛犬と毎日のお散歩の中で

「今を生きる」を感じるとき

どんな場面ですか?

 

 

 

 

 

関連記事

  1. まだ私にしてあげられることはありますか?

  2. SASURUの原点は普通の家の一室だった

  3. あぜ道は、もうない

  4. 犬が嫌いになった夏の日

  5. 呼吸にも合わせていきます

  6. 36年前の出来事~愛犬はモノではない~

Translate »