大切な家族なのに・・・

今回の台風19号での被害情報を聴けば聞くほど
見れば見るほど被害の大きさに唖然としてしまいます。

そんな中、
愛犬と暮らしているあなたもきっと
「ワンちゃんたちはどうしているのかな??」と思いますよね。

私もとても気になります。

避難所に「ペットは不可」というところが多いですね。

「大切な家族なのに・・・」

と飼っている私たちはそう思います。

しかし、避難所は災害時、行政が緊急に開放した場所です。
人間のためのものなので最優先は人間です。

難しいですね。

犬を飼っている私たちの気持ちからすると、

「同じ命なのに・・・」
と想うのは当然です。

現実、人間がたくさん同じ場所に避難するだけでも
問題が起こります。

そんな中でも関東地方では 台風19号で避難所に移動した方に対して
「ペット可」としているところもありました。

 

さて、私は八丈島に知り合いが居ます。

今回の台風の時もお互いの安否をLINEで確認し合いました。

台風と言えばよくテレビの報道にも八丈島が出ますよね。

 

私の知り合いも大の愛猫家です。

八丈島は役場へのペットとの避難は可ということですが、
やはり屋外にペットのみ避難させるということでした。

今回知り合いは幸い避難所へ行く事態にはならなかったということでした。

よかったです。

 

昨年の西日本豪雨で被害が大きかった岡山県倉敷市真備町では

岡田小学校が避難所となり、屋内の教室の一部がペットのために開放されたそうです。

上記のように自治体によっても違いますし、

避難所生活の期間によっても変わってくるのでしょうね。

 

ペット可でも、飼い主さんと一緒に居れるわけではないので
設けられた屋外の指定場所に。
または屋内としても、ケージやキャリーバッグに入れてペットのみ別の区画に避難させてくれる。

 

 

みなさんのお住いの地域はどうですか?

 

お家が災害を受けた場合、
一緒に車の中でペットと避難している方も少なくないようです。

愛犬と一緒に居れたとしても、狭い車の中。
トイレの問題もありますし、飼い主さんも愛犬もストレスがたまります。

 

災害は急に起こります。

 

そんなとき愛犬をどうするのか?

 

日ごろから家族で話し合っておくのが大切ですね。

私も今回は経験したことのない大きな台風ということで

愛犬をどうするのか??つくづく考えさせられました。

犬を飼うということ。

急な災害に対してもシュミレーションしながら

責任を持つ ということを肝に銘じていきたいですね。

 

台風19号により、今も家族と離れ離れになっている愛犬もいると思います。

お家の中で一人ぼっちかもしれません。

 

避難中に離れ離れになってしまっているかもしれません。

早くお家の方と再会できるといいです。

 

そんな願いを込めて

YOU TUBEより飼い主さんと愛犬との感動再会動画をお届けします。

お時間あれば祈りながら癒されてください🐶

被災地の一日も早い復旧を祈ります。

 

関連記事

  1. インストラクター誕生のご紹介

  2. 5軒に一軒が・・不動の1位は。

  3. おだやかな気持ちになれた気がします。

  4. 散歩も普通だし痛くなさそうだけど

  5. 健康のバロメーターは朝の散歩

  6. ご長寿犬って何歳なの?

Translate »