娘達も愛犬たちもナチュラルに・・・

昨日の続き「SASURUの原点は普通の家の一室からでした」です。

SASURUの原点は家庭です。

今年24歳と22歳になる娘達も

そして 🌈の橋に行った ラブも モモも

 

現在健康長寿犬のマサルも

小さな時から 薬要らず・病院行かず で成長しました。

娘たちは虫歯の治療だけは歯医者さんにお世話になりましたが。(笑)

 

かぜひいたとか・腹痛とか・捻挫とか・咳とか・高熱とか・・・中耳炎とか・・・

いろいろありました。

 

愛犬たちも然りで。

股関節不調・ぎっくり腰・ケガや内臓疾患・・

振り返るといろいろありました。

子供が幼少の時と愛犬たちに 回復整体で施してきたことといえば

「 SASURU  」です。

子供は小さい時は一連の手技をジッとして受けていることが苦手です。

なので寝ているときにサッサッサ~と。

(以下の写真は次女が1歳の時(笑)こんな時も背中にサッサッサ~していました^^)

もちろん愛犬たちは当たり前ですね。

なので 「SASURU」の優しいタッチを膝の上に居る時にしてあげることができました。

 

整体を20年以上事業としてきていますが、

その技術(手技)のすべての原点は 「SASURU」なのです。

 

関連記事

  1. 一万匹を救ったお話。

  2. 15年間を元気に過ごしてほしいですよね

  3. 根を残すことなく引き抜くこと

  4. 本能を活かした回復の仕方を優先してあげてほしい・・・

  5. あなたならどうしますか?②(元に戻すためには)

  6. 親子でどんなお話していたのかな?

Translate »