日常的に犬もカラダがゆがむことを強いられています➂

前々回 「日常的に犬もカラダがゆがむことを強いられています①」

前回 「日常的に犬もカラダがゆがむことを強いられています②」

とお伝えしてきた 毎日の散歩や生活の中であなたの愛犬は

「日常的にカラダのゆがむことを強いられている」ということのまとめです。

もしあなたが首に首輪をして誰かに急に引っ張られるとします。

首輪とは言わなくても、フェイスタオルを首に緩く巻いていて

急に誰かに後ろから引っ張られたとしましょう。

どうですか!?

きっととても強い衝撃を受けますね。

それと「ビックリ」=恐怖を味わうと想うのです。

不意の動作ほどカラダにダメージがあるんです。

例えば車で後ろから追突されたことがある人はいますか?

ビックリしますよね。

瞬間にその衝撃でカラダがゆがむのです。

 

毎日の散歩の中で

愛犬さんが 一か所に立ち止まり匂いを嗅いで動かない時ありますよね。

そんな時、

いけません!! 早く行こう!

 

と飼い主さんが キュッとリードを強く引っ張る。

そうすると途端にその強い衝撃が愛犬さんの首にかかります。

一瞬のうちに脳へその刺激が伝わり、カラダ全体がゆがみ緊張するんです。

この理論は人も犬も同じです。

毎日の散歩で何度もこの動作を繰り返していたら、

カラダへの強い衝撃=カラダのゆがみ が蓄積されていきます。

それが骨格の不具合となり病気や不調になって現れるのですね。

 

毎日の散歩や家での生活習慣。

なおざりにしないことが愛犬の健康寿命を延ばします。

なおざりにしない!ということへ「SASURU」を活用していただきたいのです。

詳しくは講座で勉強していきます。

あなたと愛犬の毎日のお散歩。ぜひいろんなことを振り返ってみていただけるといいですね。

 

 

 

関連記事

  1. 家族を一つにした

  2. 2016真冬の脱走事件!

  3. 撫でるのとはちがいます

  4. 8世帯に1世帯

  5. 今以上に素直に大好きなわんちゃんに向き合っていきたい    …

  6. 人と遊ぶことが大好きな犬の一位は?!

Translate »