重荷になるくらいなら・・・

 

昨日、webニュースでこんな内容の記事を観たんです。

ざっくり言うと

「高齢者向けのロボット犬の開発話」です。

配偶者に先立たれた高齢の方にとって、
孤独感を癒したり、精神を安定させてくれるのがペット。

実はとても大切な存在ということです。

すご~~くよくわかります。

私の亡き父も70歳超えてから犬を飼っていました。

 

しかし、その大切な心の癒しになる

生きている犬を飼う というのは高齢者にとってはとても重荷ということなんですね。

自分が先に死んでしまったら

犬が可哀そう。

引き取り手が居ないと殺処分されてしまう・・・など。

 

世界的にも犬を飼うのをあきらめてしまう方が多いということ!

 

私の近くでもそういう話をよく聴きます。

 

「ではどうしたらいいのか!」に挑戦しているところがある。

 

本当に生きているみたいなロボット犬の開発!

〇 高齢の飼い主さんが倒れた時にロボット犬が緊急先に電話をかける
〇 飼い主さんがロボット犬を抱くことにより、飼い主さんの体温と心拍数を計る。
〇 ロボット犬が飼い主さんの病院の予約や薬のリマインダー機能をする。

というような役目をするそうなんですね。

もう( ゚Д゚)です。

そしてそのうえ、

ロボット犬が普通のペッパー君みたいな感じを想像したら、

ナ・ナント

毛がふさふさな本物のワンコみたいなロボット犬なんです。

写真はイメージです

 

そして驚くことには飼い主さんの言葉に反応して動くのです。

これは完全に本物と間違えます(◎_◎;)

すごい時代がきました!!

このロボット犬さん、

2020年には発売できるよう再設計を繰り返しているようですね。

高齢者の孤独を癒し、
もし高齢者の飼い主さんが先に他界しても・・・・

心配のない
毛がふさふさのロボット犬。

社会貢献していきそうな予感です・・・・

そしてそんなロボット犬さんにもSASURUがお役に立てたら嬉しいです^^

☆ お知らせです ☆

9月7日(土) 10時30分より

静岡県静岡市のエニシア静岡マルイ店にて

SASURU1DAY説明会を開催します。

あと2名残席あります。

静岡市&近隣にお住いの愛犬家のみなさん、

ご興味あればぜひ気軽にご参加くださいね。

 

 

 

関連記事

  1. さらなる生き物のプロフェッショナルを目指します!

  2. お母さん、辛いのかな~?お父さん、怒ってるな・・

  3. 犬と暮らしている赤ちゃんのほうが健康?!

  4. 一人で苦しまないで・・・

  5. 「甘やかす」のではなく「甘えさせる」

  6. もちろんそんな時もお役に立てます

Translate »