あなたはどうしますか?➂(木を見て森を見ず)

みなさん、こんにちは。

今日は気温が上がらない静岡です。

とーても寒くて愛犬マサルは「コタツで丸くなる~♬」です(笑)

みなさんの愛犬さんはどうですか?

さて、本日は「あなたならどうする?」」の最終回。

一昨日のブログ「あなたならどうする?①つぶれたペットボトル」

昨日のブログ「あなたならどうする?②元に戻すためには」

つぶれたペットボトルを元通りにするために、

あなたはどうしますか?という問題でしたね。

傷や跡を付けないように、そして時間をかけないように

となると、力ずくではできませんよね~

 

ではどうしましょうか~

もうみなさん、お分かりかと思います。

遠い場所から弱い力で整えていく!

いかがでしょう。

いきなりつぶれた場所を力任せで直そうとするよりも

よっぽど時間的にも早く、傷も跡も残らないですよね。

ペットボトルを戻した経験のある方ならわかると思います。

 

カラダもそうです。

「木を見て森を見ず」ということわざを知っていますか?

それと同じです。

木を私たちのカラダに例えてみましょう。

 

葉っぱが枯れていく。おかしい。

葉っぱに薬をかけて治そうとしますが、一向に良くならない。

実は土に原因があり根から養分が摂れないことでその現象が出ていた。

植物によくある話です。

しかし、目に見える部分(痛みがある場所)だけに囚われているとそこに気づきません。

カラダも同じです。

 

痛い場所。不調のある場所。

大切な愛犬のカラダ。

今出ている症状。

 

今一度、その場所だけに囚われることなく

愛犬のカラダ全体。今の環境。家族の環境。

いろいろと観察してみてください。

何かヒントのようなものがあるはずです。

直ぐに薬や注射などに頼ることなく、

まずは全体(カラダ・環境)を観る。

人間も愛犬も毎日の生活の中で元気を創れたらいいですね。

そしてSASURUがお役にたてれば幸いです。

お役に立てる理論と技術です。

これからもSASURUを必要としてくださる皆様に心を込めてお伝えしていきます🐶

 

関連記事

  1. お母さん、ボクにあげるように伝えてよ~

  2. ディズニーに行けなくなるから・・・

  3. わ~い! 楽しみ!

  4. インストラクターさんの愛犬は19歳の健康長寿犬!

  5. 専門家じゃないとできないんじゃないの?

  6. 高齢犬対象にやります!

Translate »